アンティーク

鍵のこばなし

珍しい変わった形のカギを紹介したいと思います。イギリスに旅行した時に骨董市でみつけて面白いなと思ったパドロックです。くまの顔に形が似ていることからパドロックと言われています。

この南京錠は棒鍵を使って開けるものです。この棒鍵もアンティークのもので細長い形をしています。最近ではあまり見かけないのでこちらも珍しい、レトロなタイプです。

アンティークですが、まだまだ現役で使えるカギでした。せっかくなので鍵屋さんに頼んで合鍵も作ってもらい、実用的に使ってみることにします。

鍵屋さんに聞いてみたところ、50年から60年位昔に作られたもののようだということです。そして、一緒についていた棒鍵は後からつくられた合鍵ではないかということでした。ですから、この棒鍵からさらに合鍵を作ってしまうと合わない可能性があるということです。ですから、鍵屋さんは南京錠本体の鍵穴を覗いてそのタンブラーの形状に合わせて新しいカギを作ってくれました。

こちらの作ってもらったカギを使ってみたところ、最初にあったカギよりもスムーズに動き、とても使いやすかったです。なるほど、最初の棒鍵はたしかに後から作られたものだったのかなと納得しました。

鍵屋鍵猿がカギのトラブルに迅速に出張いたします。

Copyright(c)2014 鍵のこばなし All rights reserved.